Pamelaによる陰茎(ペニス)増大のメカニズム


Pamela は陰茎(ペニス)そのものを大きくします

「ペニス・陰茎増大とは? - 【陰茎(ペニス)増大への対策とアプローチ・実情】」の項で記したように、古くから様々な方法で、陰茎(ペニス)サイズの増大という解決法は多角的に取り組まれておりました。 そしてこの問題は、トレーニング・外科手術や薬剤などの摂取等により少しでも効果を望めるものを主流として、広く世間に浸透しておりますが、 それらのほとんどは、個人差により長茎・増大結果にも限界があり、抜本的な解決とはなっておりません。それでは結局のところ、未だ望むような改善策はないのかと言いますとそうではありません。

フランス・アメリカ等の欧米諸国では陰茎サイズの増大法は治療・解決されている問題です。



その、治療法としては、外科処置や器具を使ったトレーニングといったものではなく、陰茎部自体の成長という方法がとられています。 この、陰茎増大術というものがどういったものかと説明すると、上のイメージ図をご覧いただくように、

・「埋没陰茎増大術」・・・埋没部分の引き出しにより見た目を大きくする。主に外科手術やトレーニングによって行われる。
・「陰茎増大術」・・・直接的に陰茎を触らず、埋没部分も含めて陰茎自体を成長させる。主に薬品の注入や服用によって行われる。

まず、「埋没陰茎増大術」では、ペニス自体の元来の大きさに個人差がある為、施術したとしても結果に差が生じます。また、埋没している部分が少なく、ペニス自体の質量が小さい場合はほとんど効果は得られないでしょう。 特に、外科手術ではなく、器具やトレーニングによってこれを行った場合、陰茎組織よりも簡単に変化する包皮部分に一番刺激がいきます。つまりは真空式の器具などの使用は、包茎を悪化する恐れさえあります。

それとは異なり、陰茎自体を大きくする方法は、サプリメントや処方された薬剤の投与・摂取によりペニス自身を成長させます。 これにより、元来の陰茎サイズに関係なく、陰茎を大きくすることができるのです。これには、ペニスへの成長成分を直接注入などの方法もありますが、通院の手間もあり、男性のデリケートな部分に針を刺すなど、想像するだけで抵抗あることでしょう。実際には服用での解決法が最もポピュラーです。

陰茎増大方法と従来の方法(服用型増大術「サプリメント」のウソ?ホント?)

過去より、陰茎増大術のひとつの手法として、サプリメントの服用による方法は多く存在しました。
実際にこの方法とはどういった狙いがあっての増大術だったのでしょうか? ペニスは海綿体などの組織でできており、これらの組織に血液が送り込まれることでペニスは大きく硬くなります。そして、この海綿体組織の大きさこそ、陰茎の大小です。 更にはその陰茎部の露出されている部分がペニスの大きさと見られ、「太い・長い⇔短い・細い」などと認識されます。

そして、サプリメントなどによる服用型増大術とは、ペニスに栄養を与えて大きくしようという考えが根本であり、ほとんどの製品・商品もそういった謳い文句が記載されていますが、 実際のメカニズムはどのように行われるのでしょうか?

例えば「バイアグラ」です。 これは元々、ED治療薬として開発されたものではなく、肺動脈性肺高血圧症の治療薬として開発された結果、EDに効果があることが実証されました。何故このような結果になったのかと言うと、 元来動脈や静脈等の血管に作用させる目的のものが陰茎部血流にも作用し、勃起不全解消の助けとして作用したのです。つまりは、ペニス内の海綿体には血流が流れており、

陰部(ペニス)のメカニズムには、血流の問題が密に関係しています。

もちろんそれは、先のバイアグラのように、勃起不全であったり増大・長茎術はもちろん多くの要因に対して関連付けができることです。 そして、その関連性に着目して、昨今のサポートサプリメントなるものも、「血流」などを謳い文句に、さも効果があるような宣伝を行っておりますが、これ自体のアプローチは間違いでなく、当製品のアプローチも血流促進成分はもちろん含んでおります。しかしながら、

血流量を促進しただけでは、ペニスの増大にはならないのです。



上のペニス断面のイメージ図をご覧ください。陰茎部内の海綿体組織の中には、海綿体洞と呼ばれる静脈群が通っており、血流量の改善とは、この部分に作用するものです。 バイアグラなども肺動脈性肺高血圧症の治療薬であったため、この血管に作用したことになります。

図、中央の「血流促進の従来の方法」をご覧いただくとおわかりのように、実際に血流を促すことにより血管が太くなり、流れゆく血液も増加することから大きくなっているように見えます。 元来の市販されているサプリメントなどで効果があったという方も、実際に経験があるとは思われますがこの作用のほとんどの場合は、血管が太くなったことにより内部圧によって、陰茎がひと回り太ったように見えるだけです。 確かにこの方法で勃起時などは「なんだか大きくなったような気がする」と感じることもあるでしょうが、これは「陰茎自体が大きくなった」わけではありません。

陰茎組織は海綿体で構成されており、これを肥大させない限り増大はありえない

ということが、この思い違いを解決してくれます。なるほど確かに血流を上げても陰茎が成長していないなら大きくはなりません。しかも、大きくなったと思っていても血流促進の薬剤の服用を止めればとたんに元に戻ってしまうでしょう。そこで、

血流を促進させつつ海綿体に成長成分を促すといった解決策が開発されました


■ まずボディビルダーの筋肉を想像してみてください

写真やテレビ、ネットなどで一度はボディビルダーの方の身体を見たことはあると思いますが、腕や脚を凝視してみると無数の血管が浮き出ていることがわかります。そしてその一本一本が非常に太くみえますが、 これは筋肉繊維の発達を促すために、トレーニング・栄養などで血管(筋肉に栄養を行き届かせるポンプの役割)が実際に肥大しているのです。ペニスは筋肉ではありませんが、血流促進効果の必要もこれが理由です。

■ 口から摂取して、陰茎(ペニス)に効果があるわけがない

と、お考えの方も筋肉トレーニングを想像してみてください。実際にペニスのみに効果を与えているわけではありません。 実際にボディビルダーのような鍛え方をされる方は少ないと思われますが、筋肉増強に効果のある「プロテイン」なるものをご存知でしょうか?これも口から服用して栄養分として全身に行渡ります。 そして、それらは飲むだけでは効果はありません。栄養として摂取しながら、トレーニングを行うからこそ筋肉が発達するのですが、トレーニング自体も腕を鍛えて足が太くなることは無く、腕をトレーニングをすれば腕周りのみが太くなります。 それと同じ事で、摂取しながら陰茎に刺激を与えれば陰茎の発達を促します。

■ 陰茎(ペニス)のみをどうやって成長させるのか

陰茎が筋肉で構成されていないように、海綿体も筋肉ではありませんので先の筋肉トレーニングという見解ではありませんが、海綿体成長のきっかけは沢山あります。 たとえば男性ホルモンの分泌であったり、勃起症状、あるいは自慰などによる直接刺激です。そして従来のサプリメントとして市販されている製品には血流促進成分は含まれていても、 この海綿体組織への成長成分が含まれておりません。

■ 海綿体を増大させるとは実際にどう変化するのか

解説されている図で見る限りはペニスの断面図イメージですので、太さのみが強調されて変化しているように見えてしまいますが、 実際の海綿体は陰茎(ペニス)の芯部分である為、細長い形状になっており、中の海綿体洞(血流)についてもそれに沿って海綿体内を走っています。 血管の成長は太くなると同時に長くもなる為、陰茎形状の特性から海綿体自身は、もちろん太くもなりますが、長さが際立って大きく成長します。


ユーザーレビュー・口コミ・評価 (864 件)

2017.11.22 11:01 裟婆碁 / 効果抜群です!
2017.11.22 09:08 spot083 / 飲み始めて一週間
2017.11.22 07:30 無記名 / お勧めできる年代について
2017.11.22 04:35 神奈川県 / 勃起力に凄く変化がありました!
2017.11.22 00:34 無記名 / ありがとう
2017.11.21 20:29 田中 / 効果はあるけれど・・・
2017.11.21 17:59 ねろ / がんばったあ
2017.11.21 14:50 無記名 / チンコが重くなる薬ってはじめて飲みました
2017.11.21 12:38 無記名 / ありえないっす
2017.11.21 09:43 数回 / 数回も可能に
2017.11.20 20:33 無記名 / 増大なんてデマでしょ
2017.11.20 17:19 タイ / 海外でも使えるいい商品です
2017.11.20 15:04 無記名 / 医者にいけって
2017.11.20 13:04 エエ / ボーナスボーナス!!
2017.11.20 10:33 だまりんこ / 隠れ
2017.11.20 08:34 無記名 / パメラ半端ないって!
2017.11.20 06:37 無記名 / オナニー体験談募集中〜
2017.11.20 02:25 聡 / まあまあかな
2017.11.19 23:11 いしゃ / 風邪薬と併用してもいいですか
2017.11.19 21:09 無記名 / そのとおり


【 口コミ・レビュー 】   各製品別全てのレビュー・口コミ・評価
 
>>>>>>