ヨヒンベ - 陰茎(ペニス)増大効能成分


ヨヒンベ(ヨヒンビン)

ヨヒンビン(英: yohimbine)は、分子式C21H26N2O3で表されるアルカロイドである。アカネ科の植物ヨヒンベ(Pausinystalia yohimbe Pierre)から発見された。骨格的にはラウオルフィアアルカロイド(Rauwolfia Alkaloid)に属する。

ヨヒンビンはα受容体拮抗薬であり血管壁に分布するα1受容体遮断作用も交感神経系に分布するα2受容体遮断作用をも示す。あるいは中枢におけるセロトニンに対する拮抗作用も知られている。

血管拡張に作用する抗アドレナリン作用のα1受容体遮断作用より交感神経に作用するα2受容体遮断作用の方が強い。抗アドレナリン作用の発現量では副作用を示すために臨床的には利用されない。

また催淫作用があるとされているが、作用機序的には生じた興奮を減弱させる因子を遮断するように働くと考えられる。興奮にたいして積極的には作用しないので増量しても効果が増強するよりはむしろ副作用の発現・増強を心配する必要がある。副作用としては嘔吐や大量服用の場合は延髄麻痺による死亡例が知られている。

ヨヒンベ(ヨヒンビン)の副作用 [※危険]

ヨヒンベはアフリカ地方に自生するヨヒンベノキという樹木の皮から得られる抽出物です。 西アフリカの熱帯地方では古くからこの木の皮を乾燥させたものが催淫薬として利用されていました。 催淫薬とは性欲を亢進させ、陰茎の勃起を促す薬物で、現地では古くから性生活のお供として愛用されてきたものです。
ヨヒンベの主要成分のアルカロイド、ヨヒンビンは、現代医学では勃起不能を治療する薬として位置付けられていますが、その使用に当たっては慎重な配慮が必要です。

ヨヒンベについてはそうした副作用の危険性を否定できず、アメリカでは機能性食品とする規制を加えています。 ドイツでも勃起不能の治療にはヨヒンベは、臨床成績、副作用に問題があるとしてすすめられていません。

ヨヒンビンは劇薬であり、妊婦,授乳婦または小児は使用するべきではなく、専門家の指示のもと以外では使用してはいけない成分です。日本ではヨヒンベ樹皮が専ら医薬品の扱いとなっています。

ヨヒンベ樹皮は肝臓や腎臓病、生殖器や前立腺の慢性の炎症には禁忌、過剰あるいは長期間の使用は不可とされています。副作用としては、神経興奮、震え、不安、心拍数の増加、動悸、血圧上昇、吐き気などがあります。

心臓疾患や不整脈などの方の利用は、心臓発作などにも繋がり非常に危険な為、厚生労働省などからも注意喚起がされております。

ヨヒンベ(ヨヒンビン) を含む製品


商品名

口コミ・評価

使用例
ED治療・3〜5cmのサイズアップを目指す方へ

有機マカ末 125.1mg / トンカットアリエキス末 25.05mg / L-シトルリン 25.05mg / α-リポ酸 11.25mg / 亜鉛含有酵母 11.67mg / L-アルギニン 18.69 mg / ビタミンC 16.68mg / ビタミンB2 0.27mg / ビタミンB6 0.24mg / 調整剤  /
商品名

口コミ・評価

使用例
見た目に変わる!確実に大きくなる! 5〜10cmの増大

有機マカ末 125.1mg / α-リポ酸 11.25mg / 亜鉛含有酵母 11.67mg / L-アルギニン 68.79mg / ビタミンC 16.68mg / ビタミンB2 0.27mg / ビタミンB6 0.24mg
商品名

口コミ・評価

使用例
驚愕の増大!まるで別人に変わる!10cm以上の増大は当たり前!2…

有機マカ末 125.1mg / L-アルギニン 68.79mg / シトルリン / α-リポ酸 / L-カルニチン / ビタミンB2 0.27mg / ビタミンB6 0.24mg


【 陰茎(ペニス)増大の為の効能成分 】   サプリメントなどによる陰茎増大の為の知識