なぜ、他のサプリメントではダメなのか?


陰茎増大商品のほとんどは誇大広告

派手な宣伝、大きな画像、分かりやすい注釈・・・etc、このようなページは色々な市場でも見受けられますが、こと『陰茎増大』などを謳った製品については とてもポップでまるで冗談とも取れるような広告が多く存在し、嘘のような実例結果などを見せて消費者を煽っています。

今更言うまでもなく、お気づきのようにそれらのほとんどは誇大広告であり、信用できるものかどうかといえば製品内容によりますが、 派手であればあるほど、残念な内容のものがほとんどです。これは皆様が悩むコンプレックスの問題をただ明るく、判り易く見せることにより、消費者に注意を引かせているだけに他なりません。

勃起力改善が陰茎増大ではない

商品の中には、それなりに効用があるような成分も多く見受けられ、その全てが効果がないとは言い切られませんが、 宣伝されている多くの商品の中でも、全くの矛盾と消費者意識を高めているものがこの問題です。
まず、生殖器官として実際に利用するものなのだから、勃起の必要性は外せない事由です。 しかし、それが捻じ曲がった情報として流布しておりますが、勃起=増大ではありません。あくまで、増大効果を及ぼすために勃起(エレクチオン)現象が必要なだけです。 勃起すること自体が陰茎増大に繋がるのならば、自慰行為や性生活の回数の調整によって独自で治療できるものになります。 そして、勃起力というものは精力効果や血流拡大効果により、様々な成分で思いのほか簡単に成果が望めるものです。

血流促進効果自体は勃起作用が主効果であり、直接的な陰茎増大を導くものではありません。

この事由が湾曲して捉えられ、勃起力=増大効果と思われがちですが、それほど簡単なものなら、どのような商品でも陰茎増大は可能なものになります。 市販の製品は、ほとんどが勃起効果自体は滋養強壮効果の高い成分配合により可能としておりますが、 結局のところは勃起力がよくなっただけで、サプリメントを飲んだ効果があったような気がするだけであり、服用終了とともになんら変化のない元の陰茎に戻ってしまうものが多々存在します。

効能成分を含んだからといって効果を及ぼすものではない

インターネットを使って様々なサイトを検証されている方の中には、商品に含まれる成分表などの検証対象として効能成分に理解のある方もいらっしゃると思います。 サプリメントによるアプローチには新薬などの配合はほとんどありません。バイアグラに含まれる成分のシルデナフィルというものですら、新薬ではなく既存成分の配合比率によって生まれたただの固有名称にしかすぎません。

それでは、世間で効果があるとされる効能成分を多く含んでいればなんにでも効果があるのではないかと思われがちですが、 簡単に言ってそんな単純なものではなく、逆に体質による消化率や摂取率なども密に関係してきます。 これらを間違った見解で認識し、昨今の市販サプリメントは、

良いとされるものを多く配合しているだけの危険極まりない製品が多く出回っております

化粧品や他健康食品のように、薬事法の緩い処方だからこそ多く普及しているサプリメント業界ではありますが、 どのような成分にも副作用や致死量といったものは存在します。化粧品やサプリメントでも健康障害が出るように、過度の摂取や配合は身体に影響を及ぼすのは当然のことです。

薬剤というものは、例えば絵の具のように、「青色」ばかりを使っても青しか表現することはできません。指定したカラーを表現するには多くの絵の具を利用して 微々たる調整と配合をすることが必要不可欠です。 この陰茎増大効果を及ぼすサプリメントに関するものに限らず、摂取薬品というものは、そういった培われた研究結果があってこそ初めて身体に効果が出るものなのです。


サプリメント商材とコンプレックス商法のカラクリ


ペニスサポートサプリメント商材とコンプレックス商法

過去より、『陰茎増大』と謳われた商品は、グッズや器具から始まり様々な形で世間に存在していました。 実際に、それらで効果がある人もいれば、何を使ってもダメだった人もいるでしょう。 まずそこで消費者が考えなければならないことは、何故こんなにも沢山の商品があるのでしょうか?

それは、ほとんどの商品には効果と呼べる程の成果がないからです。

まず、サービス内容が確立されている商品・会社・大手企業などは、新規参入などで増加することはありますが、 ニーズに沿ったサービスの提供による努力を永きを経て行い、ほとんどのジャンルにて「○○○が良い」と何種類かの企業名に集約されていきます。 これらと違い、このような製品については長きに渡り販売されているにも関わらず会社・製品名・商品が毎年増えていくのは、 アレはダメだからコレでいこう、コレは飽きたから次はソレにしようなど不確定なサービスだからこそ商品を変えて販売され続けているというのが実情です。 それでも尚販売が継続されている理由は、

消費者の『コンプレックス』を煽った製品だからこそ商品ニーズが尽きないのです

コレは俗に『コンプレックス商法(コンプレックスしょうほう)』と呼ばれるものであり、世間一般の人々と比較した際に劣っている部分に関して、 コンプレックスを意識させることで勧誘を行う商法です。結果、コンプレックスと関係するために契約者にとっては口外しづらく、潜在的に正しい情報が陰に隠れてしまうのです。 そういった観点から商品を販売する場合、消費者ニーズは尽きないのだから何を作っても売れるのは売れるでしょう。 それではそれらに成果が必要かと言えば、次を作っても売れるのだから、そこに成果や効果といった結果は販売者側からすればいらないものです。

インターネットを使った情報の改竄

現在、インターネットの普及により数多くの便利な商品が身近に感じられる昨今ですが、検索結果や商品の内容についてはお客様各々で購入するかどうかを見出さなければなりません。 それについて、沢山の情報がネット上では飛び交い、例えば美味しいお店をひとつ探すだけでも沢山のレビューや評価が流布しています。 一見便利なようで複雑なのがこのインターネットの情報量と情報操作です。

インターネットを使って皆様は様々なワードを調べるでしょう。そしてその検索結果などから良い・悪いなどの情報を判断することが多くあると思います。 しかし、その検索結果というものは、本当に皆が正しいと判断した答えなのでしょうか? GoogleやYahoo!といった大手検索サイトが推奨する検索表示結果というものは、ユーザービリティがあってこそ真嘘の程が明らかになってくるものです。 それは、人為的な操作で行えるような簡単な量ではなく、ほとんどがシステムによる膨大なデータベースの統計によって導かれるからです。

例えば、『病院』と調べれば全国で多くの方が欲しているワードでしょう。 それに伴って一般ユーザーの正しいアクション比率の方がより多いワードになるので検索エンジンの選定も正しい検索結果を導かれがちですが、 『陰茎増大』や『ペニス増大』などの固定ワードに関してはどうでしょうか?どれほどのニーズがあるのでしょうか? ニーズが薄いということは、少ないアクションで情報操作をし易いとも取れます。即ち、改竄された情報が出回りやすいということになります。

上記に記したように、『陰茎増大』という問題はコンプレックスの一種です。 こういった商品があるのは過去よりありますが、薬局屋や店舗販売での需要はほぼありません。 何故なら、コンプレックス問題だから人には口外したくないので、ほとんどの市場はココ、インターネットによる市場が主となっています。 購入という行為自体は消費者の皆様の結果ですが、その購入に至る経緯について正確な情報を得ているかどうかについては、こういった過程も含まれていることを認識しておきましょう。

ユーザーレビュー・口コミ・評価 (864 件)

2018.05.20 19:37 無記名 / 高血圧でちょっとED気味
2018.05.20 17:49 おっさんサラリー / おっさんでも効果ありましたよ。体験談。
2018.05.20 14:55 やまと / 服用1ヶ月
2018.05.20 12:47 無記名 / 体洗ってたら
2018.05.20 10:28 おすすめ / 買いましたがよかったと思います。
2018.05.20 08:30 無記名 / リピート中
2018.05.20 04:50 無記名 / 注意してくださいね
2018.05.20 02:10 無記名 / 21.5cmに・・・
2018.05.20 00:30 無記名 / ペニスに強さがでてきた。
2018.05.19 22:14 無記名 / パメラ半端ないって!
2018.05.19 18:38 無記名 / いいよ!!!
2018.05.19 15:17 キャベツ890 / 感想
2018.05.19 12:58 無記名 / 風俗で使うのありだと思う
2018.05.19 08:39 無記名 / 結局
2018.05.19 06:13 無記名 / やすもんは金の無駄
2018.05.19 02:17 無記名 / 学生が色々な意見かいてみた
2018.05.18 23:44 わお / 自分
2018.05.18 20:27 米田 / ありえない。
質問回答
2018.05.18 18:19 留年 / バイアグラとかも
2018.05.18 10:48 無記名 / 買ってよかったです。


【 Pamela による使用後の陰茎変化 】   当製品使用による陰茎(ペニス)の増大変化