陰茎の仕組みから理解する、陰茎・亀頭増大方法


陰茎の構造理解による実際の個体差

ここではまず、実際の陰茎構造による個体差について理解しましょう。
皆さんもまず簡単に考えてみてください。ヒトとして健常に生を受け、赤子から成人へと成長していきますが、人それぞれの違いとは一体どこまで違っていくのでしょうか? 簡単に言えば、容姿(顔の作り)や体型・体質など、遺伝を含めた上で色々な個体差があるのがヒトという生き物です。そして、いろんな要因を含めてそれぞれ成長していきます。

ここまではごくごく当たり前のことですが、もう少し深く考えてみると「大きさの違い」とはどういったものでしょうか?
仮に150cmの成人男性と180cmの成人男性がいるととします。見た目は明らかに後者の男性の方が大きいです。
続いて、手や足はどうでしょうか?こちらも概ね180cmの男性の方が大きいことが多いはずです。

それでは、陰茎(ペニス)の大きさはどうでしょうか?

そうです。ペニスの大きさに関しては、おそらくは身体の大きな180cmの男性の方が大きいとは思われますが、「確実に大きい」とは先ほどの目に見える手や足の大きさと比べると判断に揺るぎがでるのです。そして結局は「180cmの人の方が大きそう」程度の判断で完結します。
これは一体どういうことでしょうか?見た目に大きい男性の方が、身体も中身も大きいはずなのに、ペニスの大きさに関すると、小柄な150cmの男性の方が大きい場合があります。そして、このような事由からくるコンプレックスもあります。身体は大きいのに男性自身が他人より見劣りすると感じていらっしゃる方などもいらっしゃるでしょう。周囲の勝手なイメージで悩まれていることと思います。 この疑問を簡単に回答すると、

「やはり、180cmの成人男性の方が陰茎(ペニス)も大きい」

となります。これは実際に大きいのではなく、あくまで生理学的に見て大きいことが多いという回答例です。
その(生理学的に見て・・・)というのは下の図をまずご覧ください。

これが簡単な男性器の構造となります。
見た通り、膀胱から繋がった尿道が前立腺付近を通り、それをつつみ込みながら外部に露出しているのが陰茎になっています。

こういったものはどこかでご覧になられたこともあると思われますが、まず何をもってペニスとするかですが、皆さんは露出している部分がペニスと判断します。が、これは誤りで、ペニスは内部に埋没している部分も含めてペニスです。

ペニスと一言で言っても、元は生殖器ですので内臓器官の一部です。
この部分を考慮すると、埋没している部分も人それぞれ個体差はあるものの大柄な人はやはりこの部分についても大きいことが多いのです。
そして小柄の方の陰茎が大きい場合は、元が大きな場合もありますが、「陰茎の露出部分」が多いのです。その判断基準から生理学的に上記回答例を伝えました。


しかし、これでは皆さんの納得のいく説明にはならないでしょう。

それでは実際、増大術・長茎方法とはいかなるものか?

これからが本題です。そしてこの問題解決のために色んな情報や噂がまことしやかに出回り、様々なコンプレックスでお悩みの人がその情報に踊らされているのが実情です。 特にここ日本では、このような悩みを持たれている方も多く、たくさんの方が問題解決に取り組んでいるにもかかわらず、実際に成果が出ているという話はほとんど聞きません。

まず、次項より追って増大の正しい方法・成果・各種対策や問題点を紹介していきますが、ペニスを大きくすることの根本及び理念として一環して行われている方法は、

陰茎(ペニス)の露出部分を大きく見せる・引き出す

という解決策に限ります。まったくもって当然のことを書いているように思われますが、各種増大方法によりこの現実へのアプローチがあまりにも違います。そして、やる価値があるのか、効果はあるのかということを皆様自身でご判断いただくために、こちらの項にて陰茎自体の構造をご紹介させていただきました。 次項より説明させていただくものは、あまりにも逸脱した増大術は省き、巷でも有名・見たことがある・知っているなどのメジャーなものを紹介していきます。



【 陰茎(ペニス)増大の為の効能成分 】   サプリメントなどによる陰茎増大の為の知識