陰茎(ペニス)増大への対策とアプローチ・実情


世間にある増大術・長茎術という類のやり方はほとんどが間違いである

まず最初に、これから増大術を始められる方、実践されて効果のなかった方を含めてお伝えしたいことは、

正しい方法で適切に行えば、陰茎は大きくなります

これは年齢には関係なく、証明できるモニターや体験者は数多くいらっしゃいますが、確かに成長中の青年と比べれば50代や60代の男性ではやや変化ペース自体は遅くはなりますが、要は体質改善のひとつとして捉えてみてください。 ペニスも身体の一部であり、ダイエットや筋力トレーニングなどで体型が変化するように、ピンポイントでペニス自身へのアプローチを適切に正しく行えば確実に変化します。 ただ、世間で紹介されている増大術のほとんどが「思い込み」や「気分的」なものであり、実際の成果としては結果を残せないものがほとんどでしょう。

コンプレックスからくる期待なども合わせて、その不安定要素部分を信じたくなる気持ちもわかりますが、各種どういった対策・方法で陰茎を大きくし、その後・結局はどういった成果なのかというものをご理解ください。 まず、前項でお伝えした通り、ほとんどの陰茎増大の基本は、

陰茎(ペニス)の露出部分を大きく見せる・引き出すことが多くの増大術です

現在、有名なものから結果の残せる陰茎増大術として、大別して3つの方法がメジャーであり、

が、多く広まっています。中には全く検討違いのものもありますが、この3つが結果が出せる方法として広く伝わっていますが、具体的に各種どのような方法で大きくするのかというのを次項よりひとつづつご紹介していきましょう。

一概に陰茎増大といっても求める結果の理想系がある

皆様が求められている成果・結果は一体どういったものでしょうか?仮に陰茎露出部分自体が大きくなることが増大とするならば、それではここで増大を目指す皆様にいくつか質問させてください。

・それは勃起時ですか?通常時ですか?
・太さは?亀頭や形などは変えれますか?もしくは変わりませんか?
・勃起力はどうでしょうか?勃起時の固さはそのままですか?
・継続性はありますか?期間をおいたら元に戻ったりしませんか?

どうでしょうか?私の方から逆に質問させていただきましたが、増大経験のある方は何項かの質問に頷かれると思われますが、はじめての増大を目指す方はいかがでしょうか?少し結果を違った形で想像されてみたのではないでしょうか?

ある程度結果を想像して危惧された方にお伝えしますが、その通りです。

間違った増大法は効果がある無しに関わらず、期待と違う結果が出る場合がある

とうことです。そしてこれを考慮、対策した上での治療・改善策こそが真の増大術と言えますが、一過性のもの、あるいは継続性のないもの、更には逆効果のものまでも存在し、これら間違った方法による施術により理想とは大きく異なる結果が現れてしまうことすらあります。

陰茎増大方の種類別による成果と結果

先述したように、効果があるものとして現在行われている増大術には3つの方法が主流とされています。

・器具を使ったトレーニング
・手術・形成術を用いた外科処理
・サプリメント・薬剤を使った増大

各項にて、方法と結果の詳細を記していますが、ここでは簡単に施術及び効果、その後について簡単に記載させていただきましたので、あなたの思う理想の結果としてはいかがなるものかをご検討ください。

メニュー 効果 費用 継続性 備考
器具を使ったトレーニング × ~ △ × 結局のところほとんどのものが効果がなく、効果があっても継続的に続けなければいけない。器具を必要とし、トレーニング自体にも毎日時間が必要。
手術・形成術を用いた外科処理 × △ ~ ○ 見た目に必ず傷が残り、費用も高額。結果は術後次第で、勃起後ではなく平常時の見た目のみの改善。勃起時には影響なく、術後メンテナンスも必要。
サプリメント・薬剤を使った増大 × ~ ◎ × ~ ○ 身体の内部から漢方・薬剤による成長分泌成分を促す。効果・成果に関しては全て含まれる成分次第。摂取しても全く効果のない製品が横行している。

ご覧いただくように、世間に出回っている効果があるとされるものでも結局はこの程度の効果しかなく、赤字で記述されている部分のみを確認されるだけでも、各種リスクを伴うものとしてご判断いただけると思います。一見すると外科処理による増大が最もらしく宣伝され、ネットや紙面による広告も多く発見しますが、実際にこれは「通常時の変化」のみであり、勃起力・海綿体組織へのアプローチは全く行っていないので「勃起時のサイズ」には全く影響しません。

それでは全て効果なんてないじゃないか。と、思われますがこれはコンプレックスをネタとした商材詐欺というもので多くの皆様がこのもっともらしい文句や宣伝に踊らされて、効果のない商材に多額の金銭を失われているのです。それでは何故納得のいかない情報ばかり出回るのでしょうか?

それはコンプレックスを元とした商品は儲かるからです。

まるで効果があるような宣伝や広告を繰り返し、こんなに宣伝しているのだから大丈夫・美容外科なら安心、と客層心理を煽って儲けているだけに過ぎず、運営者側からすれば効果があろうがなかろうが、儲けが出ればそれでいいのです。

実際に効果があるものが存在するのにもかかわらず、正確な情報であるが故に、改めて宣伝・紹介する必要がないのが実情です。

何故なら、故意に使用を煽らずとも、治療を受けたい方のみが利用すればいいからです。 そういった理由で、欧米諸国などの国外の状態と日本の現状を見比べてみると、海外にも多くのこの悩みをもたれている方がいるにもかかわらず、効果のない商品はほとんど存在せず、日本のようにネットや紙面で「増大術・サイズUP」などと謳った商品は紹介されていません。

何度も申しますとおり、この問題は現代医療では対策・解決されております。

そして、どのような方法でも利用・実践するにあたり、皆様にお伝えしたいことは

理解のない、あるいは正確な長茎・増大方法でなければ逆効果です。

男性自身のシンボルというのは、身体の一部でありデリケートな部分でもあります。
それを悩みのタネであるとしても、あれこれと何でもいじくりまわしていいものではありません。最悪は取り返しのつかない事態になり、一生傷を負ってしまう可能性だってあるのです。 その為にも増大術に取り組む前には色々な分析をして、効果・効用を確認した上で自分に合ったものを試してみるという心構えが必要となります。そして、それが正確な情報であると見極めることも重要になるのです。