Pamela を使った陰茎(ペニス)増大術


Pamela は効能成分の摂取により陰茎(ペニス)そのものを大きくします

陰茎増大の手法としては、過去よりたくさんの方法が行われており、その中でも結局、外科手術でなければ見た目に変化させることは無理ではないかと先入観をもたれている人も少なくないようです。 しかしながら現在では、「ペニス・陰茎増大とは? - 【サプリメント・薬剤を使用する陰茎(ペニス)増大術】」の項で記したように、服用による増大術の方法が見直されており、欧米諸国の治療形態、直接陰茎部に注入する方式も含めて、薬剤での手法が研究・見直されてきております。
何故なら、外科手術では元からの陰茎自体の個人差による限界が存在し、根本的な治療にはならず治療法式によっては徐々に元に戻ってきてしまうからです。 男性の生殖機能であるデリケートな部分を何度も切開や注射による薬剤投入などによる治療を行っては、患者自身の負担も大きくあまり受けれらていないのが実情です。

メニュー 効果 費用 継続性 備考
器具を使ったトレーニング × ~ △ × 結局のところほとんどのものが効果がなく、効果があっても継続的に続けなければいけない。器具を必要とし、トレーニング自体にも毎日時間が必要。
手術・形成術を用いた外科処理 × △ ~ ○ 見た目に必ず傷が残り、費用も高額。結果は術後次第で、勃起後ではなく平常時の見た目のみの改善。勃起時には影響なく、術後メンテナンスも必要。
サプリメント・薬剤を使った増大 × ~ ◎ × ~ ○ 身体の内部から漢方・薬剤による成長分泌成分を促す。効果・成果に関しては全て含まれる成分次第。摂取しても全く効果のない製品が横行している。

Pamela を使った増大 サプリメントによる服用型増大ではあるものの、実際の医療機関で処方されている成分により、海綿体組織へ直接刺激を行う。 副作用の心配もなく、血流拡張ではなく海綿体肥大なので服用を止めた後にサイズが戻ることもない。

Pamela は日常新陳代謝機能を利用して、海綿体組織を直接肥大・長茎させます。

それでは、現在行われている実際の治療とはどういった手法かと言うと、この「海綿体組織へのアプローチ」です。
昨今ではバイアグラに始まり、動脈硬化や糖尿病などの成人病予防薬品の研究などにより、医療分野にとって人体内の血流を扱う技術は素晴らい発展を遂げています。

その血流というものが一体何を表しているのかといえば、簡単に言えば世の中には男女問わず、肥満体型の人もいれば瘦せ型体型、筋肉質など様々な身体つきの人間がいますが、 これらの体型を成長、維持しているのは身体に栄養成分を運ぶ血液によって行われているのはご存知かと思われます。 そして、海綿体組織はスポンジ状になっており、中には非常に多くの動脈が存在しています。

これら密集した動脈を利用して成長成分を標準以上に陰茎部へ送り込んでやれば、自ずと海綿体組織の成長に繋がるといったものが現在の陰茎サイズの成長方法として行われております。

この服用による海綿体組織の育成方法は、自身の代謝によって行われる為、治療・増大には1ヶ月以上の期間が必要となります。 ボディビルダーやモデルなど自身の体型変化や維持にはそれなりの時間が必要であるということですが、身体全身の質量に比べれば陰茎部の容量はごくわずかな部分です。

成長期に5cm~10cmもの身長を伸ばすにはそれなりの期間を要しますが、それは骨・皮・筋組織からはじまり身体全ての成長・増大期間を必要とするからであり、 陰茎のみの成長となれば、それこそ年齢や体質に関係なく、手軽に迅速に行えることもこの増大術が取られているメリットと言えるでしょう。 さらには非常に小さい組織であり、一度成長してしまえば代謝機能の低下に関わらず小さく元に戻ってしまうということはほとんどありません。 元に戻ったという方、やり方は下記に説明する血流のみの変化が行われているからです。

元来のサプリメント服用型増大術では不十分な理由

結局のところ元来のサプリメント服用型増大術と何が違うかと言えば、

血流量を促進しただけでは、ペニスの増大には繋がらないのです。



図、中央の「血流促進の従来の方法」をご覧いただくとおわかりのように、実際に血流を促すことにより血管が太くなり、流れゆく血液も増加することから大きくなっているように見えます。 元来の市販されているサプリメントなどで効果があったという方も、実際に経験があるとは思われますがこの作用のほとんどの場合は、血管が太くなったことにより内部圧によって、陰茎がひと回り太ったように見えるだけです。 確かにこの方法で勃起時などは「なんだか大きくなったような気がする」と感じることもあるでしょうが、これは「陰茎自体が大きくなった」わけではありません。 実際の効用成分を摂取した場合の増大イメージとしては、

■ まずボディビルダーの筋肉を想像してみてください

写真やテレビ、ネットなどで一度はボディビルダーの方の身体を見たことはあると思いますが、腕や脚を凝視してみると無数の血管が浮き出ていることがわかります。そしてその一本一本が非常に太くみえますが、 これは筋肉繊維の発達を促すために、トレーニング・栄養などで血管(筋肉に栄養を行き届かせるポンプの役割)が実際に肥大しているのです。ペニスは筋肉ではありませんが、血流促進効果の必要もこれが理由です。

■ 口から摂取して、陰茎(ペニス)に効果があるわけがない

と、お考えの方も筋肉トレーニングを想像してみてください。実際にペニスのみに効果を与えているわけではありません。 ボディビルダーのような激しい鍛え方をされる方は少ないと思われますが、筋肉増強に効果のある「プロテイン」なるものをご存知でしょうか?これも口から服用して栄養分として全身に行渡ります。 そして、それらは飲むだけでは効果はありません。栄養として摂取しながら、トレーニングを行うからこそ筋肉が発達するのですが、トレーニング自体も腕を鍛えて足が太くなることは無く、腕をトレーニングをすれば腕周りのみが太くなります。 それと同じ事で、摂取しながら陰茎に刺激を与えれば陰茎の発達を促します。

■ 陰茎(ペニス)のみをどうやって成長させるのか

陰茎が筋肉で構成されていないように、海綿体も筋肉ではありませんので先の筋肉トレーニングという見解ではありませんが、海綿体成長のきっかけは沢山あります。 たとえば男性ホルモンの分泌であったり、勃起症状、あるいは自慰などによる直接刺激です。そして従来のサプリメントとして市販されている製品には血流促進成分は含まれていても、 この海綿体組織への成長成分が含まれておりません。

■ 海綿体を増大させるとは実際にどう変化するのか

解説されている図で見る限りはペニスの断面図イメージですので、太さのみが強調されて変化しているように見えてしまいますが、 実際の海綿体は陰茎(ペニス)の芯部分である為、細長い形状になっており、中の海綿体洞(血流)についてもそれに沿って海綿体内を走っています。 血管の成長は太くなると同時に長くもなる為、陰茎形状の特性から海綿体自身は、もちろん太くもなりますが、長さが際立って大きく成長します。


そして、これらを実際に陰茎部に作用させるには成分・配合量など様々な要因が必要です。

各項目で何度も登場するバイアグラ成分「シルデナフィル」についても、もともと狭心症の治療薬として開発され第1相臨床試験において、狭心症に対する治療効果は捗々しいものではなく試験の中止を決めるが被験者が余剰の試験薬を返却するのを渋り、理由を問うた所、僅かであるが陰茎の勃起を促進する作用が認められ、これを適応症として発売されることになりました。

これのあらわすように、陰茎部へ直接作用するということが肝心であり、元来のサプリメントや効用成分の選択・配分量などは、

ただ、良いとされるものを集め合わせているだけでなんら陰茎増大を行わないものばかり

というのが実態であり、現状と言わざるを得ません。
中には体質・体型によって、成分が上手く作用して大きくなったりする人もいるでしょうが、それらに確実性はなく結局のところサプリメント販売会社に利益をもたらすためだけの広告にしかなりえません。 販売成分の中には副作用などが未だ判明していないものや、非常に危険な成分が配合されているものも多く、それら成分表を明記していない以上、 何も知らない状態でこのような製品に手を出すことは危険極まりない行為にもなりえます。