陰茎に悩む男性達


ペニスの悩みは、全ての男性の共通の悩み

世の中のほとんどの男性が自分のペニスに対して何かしらコンプレックスを持っているものです。日本人の場合は、成人男性の7割という信じがたいほど大きな割合で仮性包茎といわれているのですからなおさらのこと。しかしながら、ペニスに何かしらのコンプレックスを抱えていても人に相談するとなると羞恥心が邪魔して、自分だけで抱え込んでしまいがちです。



• 包茎(真性包茎、嵌頓包茎、仮性包茎)の悩み


• ED、勃起不全、または早漏の悩み


• ペニスサイズに関する長さ・太さの悩み


• 形状、色味の悩み


大きく分けて、これらのものが多く上げられるペニスの悩みとして知られています。真性包茎や嵌頓包茎、形状、色味などについては多くは外科による整形治療が必要になる場合が多いですが、 何度も言うように、

陰茎サイズの悩みはフランス・アメリカ等の欧米諸国では既に解決されている問題です。

そして、それに伴い軽度の仮性包茎の治療にも役立たれています。
包茎の問題については、誤解や広告による刷り込みなどがされていますが、日本人の7割が仮性あるいはそれ以上の包茎率ですが、結局のところ何割の人が外科による包茎手術を行っているのでしょうか? 各国の包茎に関する実数としては、欧米では包茎手術、割礼手術の件数は減少傾向にあります。

ヨーロッパの男性の包茎治療率=30%
アメリカの男性の包茎治療率=65%

特にヨーロッパでは文化的にも包茎に対する偏見が少ないことから、宗教上の理由や、重度の包茎の人以外は、大多数の人が生まれてそのままの状態をキープするようです。逆にアメリカではポルノ男優に代表されるように、依然として屈強な身体、巨根願望が強く、あまり大幅な減少は見られていないようです。

日本で包茎が忌み嫌われるようになったのも戦後からで、良い悪いは別としてアメリカの影響をここにも見ることができます。
日本国内の場合、7割の包茎率に対して結局治療を敢行する人は3割に満たないとされ、全体では半分以上の人が自然なままで過ごしています。 だからこそ、ことサイズに関しては「巨根・短小」といったように、他と比べて大きな方が良いとされる傾向にあるのです。 包茎治療の煽りはほとんど美容整形のものであり、保険適用外の手術費の為、ひとつの商売として成り立っているというだけの理由です。
⇒【抱き合わせ・包茎手術商法の問題】

これらに表わされるように、陰茎問題自体の多くは医療的・病的問題ではなく、 他者との関わりによる優越感や、これらコンプレックスを生業とする業者の刷り込みによってできてしまった問題が多くあります。
しかしながら生殖器官であるが故に、異性と関係する為には必要な器官であることには違いなく、 EDやサイズの問題に関しては、少なからずとも女性自身もイメージを刷り込まれている限りは方法さえあれば改善したい問題であることも事実です。


【 口コミ・レビュー 】   各製品別全てのレビュー・口コミ・評価